ビジネスの哲学
N.C. Housing Public Company Limited エヌ・シー・ハウジング株式会社(上場公開株式企業)は「Brand Baan Faa空の家ブランド」、エヌ・シー・グループのグループ企業傘下の分譲住宅事業を経営する企業である。
同社では住宅開発と継続的なサービスを重要視する不動産会社のパイオニアとなるため、プロジェクトを拡大に力を注いでいる。プロフェッショナルの業務担当チームの経験を生かしたコーディネートにより品質の良いサービスを安価で提供し、お客様の家族の生活の質を重要視してプロジェクトにおける環境を整えて社会に貢献している。
これは消費者のニーズに応えるためであり、公正な信頼性と公平性をビジネスの基本としている。
タイにおける不動産会社として初めて「公正な契約」を導入し、顧客への引き渡し期日通りの不動産の名義移譲を保証している。
 これらは住宅購入者の家屋購入決定の際の弊社に対する信頼性を築いている。この他にも購入者保護も行い、N.C .Groupエヌ・シー・グループはこれまでずっと顧客を大切にしてきた。
顧客に向けて真剣に対応し、国際的な基準の業務管理の土台を築いてきた。
優良な立地場所にプロジェクトを築き、業務拡大を進め、都市計画開発を重要視して住宅購入者のニーズに合った設計開発を行ってきた。プロジェクトは環境保護に努め、生活の質を熟考する完璧なチームを編成している。住宅購入者に最高の満足を与えるための調査、データ研究を休むことなく行ってきたことがN.C .Groupエヌ・シー・グループが不動産開発業界でも消費者の間でも知名度を上げて受け入れられる理由である。
ビジョン
「最新の技術とプロセス、事業拡大に努め、国内外の共同開発・投資を行うことにより国際レベル規格の品質商品とサービスのパイオニアとしての不動産会社を目指す。」
ミッション
1優良な投資計画とビジネス拡大計画
2 住宅商品とサービスの開発
3顧客の最高の満足に応える努力と全ての部署が利害関係者に最大の貢献をする
4人材とチームの育成
5優良なシステム・処理による活用と管理による業務とビジネス拡大の構築
ビジネス哲学
1勤勉、専門性
2誠実、真剣
3自己啓発
4 チームワーク