N.C.Groupエヌ・シー・グループはプロジェクトの顧客メンバーの資産に付加価値を与えることに努めること、そして競合他社のプロジェクトおよび住宅商品との違いを築くことに努めることを会社の方針としている。そのために住宅購入顧客に家屋敷地の使い方をアレンジする選択肢を与える独自の設計(Adaptive Function Design)を行っている。国際規格であるISO9001をもってプロジェクトの家屋の設計、建築管理を行い、顧客の満足度を得るためにプロジェクト後の対応に至るまで、家屋の引き渡しにおける住宅購入者の信頼を築くよう努めている。
 
 会社概要
 
 同社は西暦1963年(仏歴2506年)にラートプラオ地区における建築材の店としてビジネスを始めた。ビジネスの基本は公正で誠実、公平であることであり、このために不動産ビジネス開発業界において西暦1981年(仏歴2524年)に本格的にこのビジネス開発を始める以前から広く受け入れられ信頼を得ていた。不動産開発は将来性のあるバンコクの北部およびバンコク首都地区の土地を取得することで行った。バンコクにはライフラインのネットワークが供給されていて交通整備もされており、将来的な住宅購入者のニーズに応える品質の住宅プロジェクトを立ち上げるのに適していた。
エヌ・シー・ハウジング株式会社(公開上場株式会社)はエヌ・シー・グループ「Brand Baan Fah空の家ブランド」のグループ企業である。ナムチャイ・タンタタートタム氏が不動産開発のために西暦1994年(仏歴2537年)2月2日に設立した。2,000万バーツの登録資本金で事業を始めてすぐ、その年の末に資本金を1億バーツへ変更。その後 西暦2008年(仏歴2551年)初めに登録資本額を12億バーツに増額した。
現在(2016年)エヌ・シー・ハウジング株式会社(公開上場株式会社)はタイ国の不動産のパイオニアの一社である。50以上のプロジェクトを施工し、350億バーツ以上の投資をしている。プロジェクトはバーン・ピヤロム、バーン・ファー・グリーンパーク、ランシットクローン2、バーン・ファー・グリーンパーク・ラートプラオ、ピンクラオ、プッタモントンサーイ1、バーン・ファー・ラグーン、バーン・ファー・ランシット、バーン・ファー・トーファン、バーン・ファー・チョムプルック、バーン・ファー・クローンルアン、バーン・ルー・リムサナームゴルフタンタニー・ホームオングリーンなどである。
また、高級不動産のNC Royalブランドは1,000万バーツ以上の一戸建てを扱う。
 エヌ・シーはこれまでずっと商品の品質とサービスを継続的に開発するパイオニア的不動産会社となるべく開発に努めてきた。この開発においては我々のプロの業務チームをもって消費者のニーズに応えるために公正な価格での品質、社会貢献、プロジェクトにおける環境づくりを念頭に入れて調整を行ってきた。また、家族生活の質を重要視し、公正、信頼、公平を基本理念としてきた。そして期日を守って顧客に所有権を移譲することを保証し、住宅購入者の家屋購入を安心して出来るようにタイで「公正な契約」を導入した初めての不動産会社である。エヌ・シー・グループは不動産開発業界と消費者に幅広く知られているISOを取得した最初の不動産会社である。
 絶えず開発に努めてきたお蔭でエヌ・シーはタイ国内の分譲住宅プロジェクトで最初にISO9001を取得した。取得したISOは品質開発を重要視して顧客の満足を得るための社員の真剣さと努力を表すものである。また、5つの組織からなる品質管理工程を持つ建築の販売業務サービスと業務管理と顧客への住宅家屋の引き渡し前の監査における自信に繋がった。
  • 自社の建設業務管理者
  • 中央建設部エンジニア (QC-Team)
  • 内部品質監査員チーム (社員/プロジェクトマネージャー)
  • 品質管理組織 (品質監査会社 SGS )
  • 顧客
顧客サービス
 エヌ―・シーは顧客の最大限の満足度のため、全ての家屋の安定性を確信することが出来るための品質監査を行っている。その他にもエヌ・シーは顧客を気遣いこれからの良い社会を築くために分譲住宅内のコミュニケーションづくりを支援する活動も実施している。

品質の良い社会コミュニティーづくり

 エヌ―・シーはISO9001を取得したエヌ―・シー・グループのグループ企業であるクオリティー・リビング・マネージメント株式会社(QLM)をもって品質の良い規格のコミュニティーづくりに努めている。タイで初めての分譲住宅コミュニティー管理を行っており、完璧な分譲住宅コミュニティーのモデルと言える。バーン・ファー・ブランドプロジェクトでの居住では分譲住宅地内のケアとサービスを行っている。これにより規律あるコミュニティーを生み出し、美しく過ごしやすい環境維持、居住者の相互支援に貢献している。タイ社会の長所を生かして長く居住できるための支援を行っている。
 エヌ・シーは「顧客への約束」とは品質への信頼および完璧に期日を守って顧客に家屋の引き渡しをするという会社の誓いを大切にしている。このために弊社は弛まず品質システム開発を続け、継続的な努力をしている。

成功のための要素
  • 最初に公正な契約を始めた企業であること
 そして期日を守って住宅購入者に所有権を移譲することを保証し、消費者の家屋購入を安心して出来るようにタイで「公正な契約」を導入した初めての不動産会社である。この公正な契約の形態は非常に好評であり、消費者保護局が現在の家屋購入計画の事例・見本として使用しているものである。 
  • ISO規格を取得したタイ国内で初めての企業
 たゆまぬ品質開発への努力によりエヌ・シー・ハウジング株式会社(公開上場株式会社)はバンコク北部地区の不動産会社のパイオニア的一企業となり、西暦2000年(仏歴2543年)にISO9002を取得したタイで最初の不動産事業者となった。その後、品質ある分譲住宅プロジェクト管理、バンガロー、商業ビルにおいてISO9001を取得した。これらについては継続的な最高の顧客満足度のための対応のための業務効率の高いチーム編成も行っている。  
 エヌ・シーはこれまでずっと住宅商品の品質とサービスを継続的に開発するパイオニアの不動産会社となるべく開発に努めてきた。この開発においては我々のプロの業務チームをもって消費者のニーズに応えるために公正な価格での品質、社会貢献、プロジェクトにおける環境づくりを念頭に入れて調整を行ってきた。また、家族の生活の質を重要視し、公正で信頼できる公平を基本理念をしてきた。